三重県中学校理科教育研究会

三重県中学校理科教育研究会 とは

通称「三中理」と呼ばれている本会は、県内中学校理科教育の研究及び実践の深化・交流、併せて会員相互の交流を目的にしている研究会です。年1回の研究大会をはじめ、公開授業や研修会等の開催を通して 三重県各地における研究及び実践の交流を行いながら、先進的な動向もとらえ、三重の子どもたちへ「楽しくよくわかる授業」が提供できるよう日々研究しています。

会 員 になるには

三重県の公立・私立中学校の教職員で、会費を納めることで会員になれます。
会員である教職員は、年間8回開催される定例協議会に参加する事ができます。

※詳細は、本部事務局にお問い合わせください。

第69回全国中学校理科教育研究会

三重大会

 おかげさまで,第69回全中理三重大会は,オンライン80名,現地対面約370名の参加をいただきました。

 皆さんありがとうございました。

「おおきんな!(ありがとう)」

ここをクリック→ 全中理三重大会概要

ダウンロードページはこちら→ 当日配布資料 

リンク集

全中理

全国中学校理科教育研究会のホームページです。毎年行われる研究大会の情報は,ここに掲載されます。 教材開発コンテストの申し込みもここから。

ここをクリック

三重CST

三重Core Science Teacher養成のためのホームページです。県内CSTの紹介や,教材資料など情報満載!        

ここをクリック

日本学生科学賞

中学生、高校生を対象にした歴史と伝統のある日本最高峰の科学コンクール 。県内各地域の学校や科学展から選ばれた優秀な作品が出品されます。

ここをクリック

科学の祭典

理科や数学あるいは科学技術といった分野の実験や工作を一同に集めて来場者に楽しんでもらうイベントです。三重大会の情報はここから。

ここをクリック




実はこれ,全部三重なんです!!

第69回 全国中学校理科教育研究会 三重大会運営委員会
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!